毛皮のコートの種類

毛皮の種類には、
・ミンク類
・フォックス類
・キャット類
・ラビット類
・ラム類

などがあります。
ミンクの刺し毛は、しなやかで強く、光沢に富んでいるのが特徴で、綿毛も密度が高くシルキーですから、コートなどの衣料用としても最高の特質を備えています。
ウィーゼルは、黄褐色をした短い刺し毛で、ミンクに比べると光沢の面では劣るため、染色されて用いられることが少なくありません。
セーブルは、黒テンとも呼ばれ、黒褐色から黄褐色までと色はさまざまで、保湿力に優れて光沢もあり、軽いという性質から、もっとも高級な素材の一つといわれています。

シルバーフォックスは、レッドフォックスの突然変異種で、刺し毛は長く張りがあり、銀色と黒色があります。
黒と銀色がはっきりと鮮明なものが良質とされています。
ブルーフォックスは、キツネの中ではもっとも産出量が多く、シルバーフォックスよりも刺し毛が短くシルキーとなっています。
耐久性に優れ、保湿力もよく、フォックスの中でも毛皮医療としてもっとも活用されています。
コヨーテは、ブルーフォックスに比べると綿毛の密度はやや少なく、刺し毛は柔らかいものから硬いものまで幅があります。
タヌキは、褐色から灰褐色の長いシルキーな刺し毛と深い綿毛があり、ラクーンと呼ばれています。

リンクスは、野生のネコの一種で、毛は長く密で非常に柔らかく、腹部の方が美しいため価値が高く、重用されています。
カラクルラムは、他の毛皮と異なり、刺し毛がなく綿毛だけで構成され、巻き毛の形状が特徴となっています。

毛皮のコートの着こなしについて

今現在毛皮のコートを着てみたいと思っている人もいるかと思います。ですが、いざ毛皮のコートを着ようと思った時は注意しないといけない事があります。

それはその毛皮のコートを自分が着て上手く着こなせるかどうかという点です。そこを考えずに安易に毛皮のコートを買っても実際に毛皮のコートを着ると思った以上に上手く着こなせない事があります。

なぜなら、毛皮のコートというのは思っている以上に着て似合う人間とそうでない人間が分かれるからです。

なので毛皮のコートを買って着ようと思った時は本当に自分が毛皮のコートを着こなせる慎重に見極めるのが大事になります。

実際に多くの人がそういう事を考えずに毛皮のコートを買ってしまって実際に毛皮のコートを着ても思ったように上手く着こなせないという人がいます。

そういう人に共通しているのは毛皮を脱いだらかなり
普通の見た目になるような人が毛皮のコートを着て
かなり違和感があるというのがあります。

なので毛皮のコートを上手く着こなそうと思った時は
まずは自分が毛皮のコートの負けないくらいの派手さが必要になってきます。

そうしないとせっかく毛皮のコートを高い金額を払って
買って着ても思ったように着こなせないという事があります。

なので毛皮のコートを着ようと思った時はその点を注意しないといけないです。そうしないと周囲の人は特に何も言わなくても違和感を感じている事が多いのでただ毛皮のコートを着れば良いと考えない方が良いです。